SHIN-SHIN Japan Hospital とは?

SHIN-SHIN Japan Hospital

『SHIN-SHIN』・・日本語で『こころとからだ』

 

2008年、バングラデシュと日本との医療プロジェクト推進チームの間で設立された私立病院です。日本の病院が提供する医療を取り入れながら、バングラデシュの人々に適した形で医療サービスが展開されています。現在、外来をはじめ、外科、放射線科、婦人科、小児科、眼科、歯科、リハビリテーション科などの11の診療科があります。今後、病院に関する新しいお知らせは、このページを通してお伝えしていきます。

 

SHIN-SHIN Japan Hospital Student Program

偶然という・・必然?!

 

そんな出会いと、バングラデシュのエネルギッシュなパワーとフレンドリーな国民性、温かいホスピタリティetc、日本側担当がバングラデシュを訪れて抱かされた様々な思いがきっかけとなり・・

 

帰国後、「バングラデシュと日本の学生を繋げたい!」という勢いから本プログラム推進に向けて動き出しました!現在は準備段階ですが、日本の学生がバングラデシュの病院、各医療機関、医科大学等を訪問・視察や、学生間での交流を深められるショートプログラムを展開していきたいと構想を練っております。(coming soon)

 

その他にも、バングラデシュに関する情報、医療・保健・衛生に関するニュース等もこのサイトで紹介していきます。